キイさんの思い出し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS  府中市・浅間山公園 “ムサシノキスゲ” を訪ねて

<<   作成日時 : 2017/05/22 22:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2017年5月22日(月) 晴れ 暑い
 例年、5月の連休辺りに咲くという「ムサシノキスゲ」を見たいと思い、時期的にはかなり遅くなってしまったが、電車バスを乗り継いで出かけてみた。
 場所的には、府中市の「多磨霊園」の隣にある「浅間(せんげん)山公園」で見られるのだが、公園の位置は、JR中央線と京王線の中間にあるので、今回は、中央線の「武蔵小金井駅・南口」から京王線の「東府中駅」行きのバスに乗った。

画像
     JR中央線 武蔵小金井駅 南口

 バスは「新小金井街道」を走り、15分ほどで「浅間山公園」に着いた。

画像
           浅間山公園 バス停

 公園の入口は何か所もあるが、バスを降りると目の前に小さな山が見えてきて、そこから入るのがベストである。

画像
        浅間山公園 入口

 園内は、「山」と名付けられているとおり、多少の上り下りの坂はあるが、特にきつい道ではなく、穏やかな園路がよく整備されている。

画像
        静かな園路

 「ムサシノキスゲ」は、この公園だけにある貴重な植物である、と説明板に表示されている。

画像
        説明板

 全体として1時間半くらいは園内に居ただろうか、木蔭のベンチで弁当にしたりして、また、何本もある園路を「キスゲ」を探して歩いたが、やはり、時期が遅かったようで、「キスゲ」はまったく見られなかった。
 また、以前はよく見られた「キンラン」も「ギンラン」も見つからなかった。

画像
        浅間山 頂上

 浅間山の頂上にはベンチもあり、ゆっくりと休憩したり弁当を開いている人たちの姿が見られた。

 頂上には、浅間神社が祀られている。

画像
        浅間神社

 今日、訪れた時が、花の咲く時期より遅かったせいか、園内を散策する人影はパラパラで、とても静かだった。

 さて、公園の入口バス停に戻る途中、「ムサシノキスゲ」はあった。
 たった1本だけ、藪の中に咲いていた。今日1日だけが見頃のような咲き方である。

画像
        ムサシノキスゲ

 バス停への帰りがけの小道で、偶然にも見つけたキスゲは、とても美しい。
 虫にも食われずに、よく今日の日まで生き抜いてきたものだ。

 その1本にカメラを向けているうちに、武蔵小金井駅に帰るバスは目の前を通過して行ってしまった。

 やむを得ず、京王線の東府中駅へ向かうバスに乗った。
 たった1本だけだが、ムサシノキスゲを見ることが出来て、バスの乗り心地も悪くなかった。

 来年は、もう少し早い時期に行ってみようと、今から考えている。


  下の地図の面をクリックすると拡大縮小する


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

 府中市・浅間山公園 “ムサシノキスゲ” を訪ねて キイさんの思い出し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる