キイさんの思い出し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS  涼し気な “ホワイトコンロンカ” 咲いてます

<<   作成日時 : 2017/06/03 17:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2017年6月3日(土) 晴れ 暑い
 暑い日が続いているが、そんなとき、太陽の下で似合うのが「ホワイトコンロンカ」である。
 白い葉が風にひらひらと揺れて、いかにも夏らしい花だ。
 今は玄関先に鉢を置いているが、近いうちに、ベランダの室外機の上で、太陽の光を浴びさせようと思っている。

画像
        ホワイトコンロンカ

 数年前に園芸店で買い求めたものだが、原産地は熱帯とか、夏の強い日差しを好む反面、適度な湿り気も必要としている性質の花である。
 熱帯の植物なので、冬場は葉が枯れてしまうが、春になるとまた元気に復活するので、それもまた楽しみだ。

画像
            ホワイトコンロンカ

 名前(和名)の由来は、雪の山で知られる「崑崙(コンロン)山脈」からきているようだ。崑崙山の白い雪のように白い葉が美しいので、「崑崙花(コンロンカ)」と名付けられたとか。
 「ホワイトコンロンカ」と書くと、どこかの国の言葉のような気がするが、そうじゃないんだ、ということが、最近わかった。

 ちなみに、日本では、学術用語の使い方として、自然界の植物や動物を「カタカナ」で表記することになっているようだが、それだと、日本の物なのか外国の物なのか、判断できないことが多い。
 やはり、和名(日本名)を漢字で併記してくれれば、多くの人たちの理解が進むと思うが、どうだろうか。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

 涼し気な “ホワイトコンロンカ” 咲いてます キイさんの思い出し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる