キイさんの思い出し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS  甲州街道・寄り道歩き 第9回 “飛田給駅〜東府中駅”

<<   作成日時 : 2017/11/21 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2017年11月21日(火) 晴れ 寒い
 今年の1月に日本橋から出て、四谷、新宿、高井戸を通り、「甲州街道・寄り道歩き」の第9回目
 しばらくは、甲州街道と並行している京王線の駅を利用しながら歩いている。
 前回は、京王線の「国領駅」を出発して、さらに西へ向かい、途中、お寺や神社などに寄り、「飛田給駅」まで歩いた。
 今回は、「飛田給駅」から今度の東京オリンピックの会場になる新しいスポーツプラザなどを見て、京王線の「東府中駅」までの短い旅である。

画像
        京王線 飛田給駅 北口

 飛田給駅の北口から出て、すぐに「旧甲州街道」へ左折する。10:45頃。

画像
        旧甲州街道 飛田給駅入口

 旧甲州街道へ曲がって100メートルも行かないところの「薬師堂」にお参りする。10:50〜:55頃。 

画像
        飛田給 薬師堂

 ここの薬師堂には、元禄時代に仙台藩士だった侍が石の薬師像を彫った、という言われがある。その侍も境内に葬られているとか。

 薬師堂を後にして再び駅前に戻り、「スタジアム通り」を北へ向かう。

画像
       スタジアム通り

 甲州街道を渡る歩道橋に上がると、通りの右(東側)に「味の素スタジアム」が、左(西側)に新しい「武蔵野の森 総合スポーツプラザ」が現れた。
 しばらく、両施設の周辺を歩いてみる。11:00〜:30頃。

画像
        味の素スタジアム

画像
        新 スポーツプラザ

 新しいスポーツプラザについては、飛田給駅の構内に旗がたくさん見られたが、間もなく開場するとのことである。
 今度の東京オリンピックの一部の競技の会場になる予定だとか、また、内部にはプールやジムが設けられており、一般の人たちの利用も可能らしい。

画像
        開場を知らせる旗

 新スポーツプラザを離れ、車の多い甲州街道を歩き出す。11:30頃。
 この辺りの並木は「銀杏」で、やや黄葉が始まっている。

画像
        甲州街道 銀杏並木

 日本橋から27キロの距離標や八王子まで約20キロの距離を表した案内板などを見ると、当面の目標である八王子の高尾山までは半分くらいしか歩いていない、ということで、ちょっと疲れを感じる。

画像
             日本橋から27キロ

画像
        八王子へ約20キロ

 いずれにしろ、急ぐ旅でもないので、あちこち、きょろきょろしながら行くと、「西武多摩川線」を超える陸橋の上から南方に雪を被った「富士山」が見えた。手前の山並みは丹沢の山々か。11:50頃。

画像
        富士山

 やや腹が減ってきたころ、「多磨霊園通り」を横断する。11:55頃。

画像
        多磨霊園通り 横断

 鳥居が見えてきた。「上染谷八幡神社」だ。一休み出来る。12:00〜:40頃。

画像
        上染谷八幡神社

 この八幡神社は、鎌倉時代の新田義貞公との関わりがあるとか。
 大木の生い茂つた境内の一角にある暖かい日溜まりで弁当にした。

画像
        日向ぼっこで弁当

 八幡神社でゆっくりと弁当休憩した後、神社の脇を通る「浅間山通り」を横断して行く。12:40頃。

画像
        浅間山通り 横断

 浅間山通りは、以前、5月の連休の後、サイクリングで「浅間山公園」に「ムサシノキスゲ」を見に行ったときに通ったことがあるのを思い出した。

 また少しばかり進んで、「新小金井街道」を横断する。12:50頃。

画像
           新小金井街道 横断

 間もなく京王線の「東府中駅」だ。旧甲州街道に面している北口に到着。
 今回は、ここまで。13:00頃。

画像
        京王線 東府中駅 北口

 次回は、まだ府中市内で、「東京競馬場」を見学する予定である。


  下の地図の面をクリックすると拡大縮小する



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

 甲州街道・寄り道歩き 第9回 “飛田給駅〜東府中駅”  キイさんの思い出し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる