夏のテラリウム “ハワイ” をつくる

 2019年6月19日(水) 晴れ 蒸し暑い
 以前からよく言われていることだが、「梅雨入り宣言」があると、反対に、しばらくは雨が降らない日が続くものである。
 昨年は、梅雨の日数が少なく、梅雨明けした6月末からは本格的な真夏になって、連日、暑くて参ったものだ。
 今年の東京地方は、今月7日に梅雨入りしたと言われたが、この数日は晴れの日が多い。それでも、湿度が高く、蒸し暑い。

 そこで、見た目の涼しさを作ってみようと、以前、メダカを飼っていた20センチほどの小さなガラスの水槽を用意した。
 水槽の中をどのようにしたらよいのか、いろいろ考えた結果、「ハワイの海」をイメージした。

 出来上がったものは、テラリウムと言えるかどうか。下の写真のように、ごちゃごちゃとしているが。

ブログ 2019-09-02-火  (14).JPG
 

 材料は、先日、100円ショップで、集めた。ヤシの木、砂、貝殻、海色の青いガラスの破片。合計で500円。
 背景の写真はカレンダーを切り抜いたものである。

ブログ 2019-09-02-火  (18).JPG


 初めての作品としては、まずまずの出来だと思っている。
 玄関の下駄箱の上に置いてみた。
 まあ、この夏は、「ハワイ」だ。