府中市・郷土の森 “梅まつり” 散策

 2019年2月15日(金) 晴れ曇り 寒い
 府中市の「郷土の森」では今月初めから「梅まつり」が催されており、今が見頃らしいとのことで、京王線の「分倍河原駅」からバスに乗った。

ブログ 2019-02-15-金 分倍河原駅.JPG
      京王線 分倍河原駅

 バスは「郷土の森」の正門前に到着。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 入口.JPG
      郷土の森 正門

 郷土の森には、梅の木が約1千本もあるとのこと。
 今日は青空も出てきたので、年配者や若い学生のグループなどの姿も見られる。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 (22).JPG
      紅梅

 ここに移築された古い建築物の中では、「ひな祭り」も催されていた。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 (33).JPG
      雛飾り

ちょうど昼時でもあったので、園内の「ラーメン」の店に入り、体を温める。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 ラーメン屋 (1).JPG
      ラーメン屋

 園内のベンチは「梅まつり」に合わせてか、赤い毛氈のような感じを出している。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 (2).JPG
      赤いベンチ

 梅の花は、紅梅よりも白梅の方が早いのか、白梅は、やや少なくなっている。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森 (40).JPG
      白梅

 梅の木の周辺には、所々に黄色い「福寿草」が日の光を浴びているのを見つけられる。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森  福寿草 (2).JPG
      福寿草

 梅林の南側の端まで来ると、垣根越しに「多摩川」の流れが望める。そんな場所に、今が盛りの「蝋梅」の群れが見事だ。

ブログ 2019-02-15-金 郷土の森  蝋梅 (5).JPG
      蝋梅 

「郷土の森」には、博物館と称しているだけに、プラネタリウムなどの見学施設があるので、いつかまた訪れてみたい。

ブログ パンフ (1).jpg
      パンフ

 帰りは、分倍河原駅または府中本町駅へ歩いて20分ばかりなので、散策のついでに歩いてみた。

 下の地図の面をクリックすると拡大する